ピボットCEO(しよー)は中小企業経営者を、悩みから自由にするメディアです

人材紹介サービスとは?人材派遣との違いや特徴をわかりやすく解説

人材紹介サービスとは?人材派遣との違いや特徴をわかりやすく解説

人材紹介とは求職者と新しい人材を求める企業とをマッチさせるサービスです。

自社が求める人材を探し出すことは多くの企業で難しい課題となっており、特に労働人口が減少傾向にある現代では早い段階での解決が求められています。

そこで、多くの企業が優秀な人材の確保を求めて利用するサービスが人材紹介です。人材紹介会社はさまざまな手法を活用して、適切な人材を紹介することができます。

本記事では人材紹介の特徴やメリット、注意点などについて解説します。

この記事に関するサービスご紹介

「固定費」をかけない新しい経営体制って?

「在宅チーム構築支援」のホワイトペーパー

人材紹介サービスとは?

人材紹介とは求職者と新規の人材を求める企業とのマッチングサービスです。求人企業が人材紹介会社へ依頼をすると、求める人物像をもとに企業とマッチしそうな人材を探し出し、実際に紹介します。その後、面談を通して企業が雇用したいと決定した場合、採用となります。

報酬は成果報酬型であるため、実際に人材の採用が決まった時点で人材紹介会社に紹介料を支払います。反対に、採用が決まらなかった場合には報酬を支払う必要がなく、費用はかかりません。

人材紹介と人材派遣の違い

人材紹介と比較されるサービスには人材派遣があり、双方の違いは提供する「もの」と「雇用関係」にあります。

人材紹介は名前の通り、人材を企業へ紹介することを意味します。特有なスキルや能力を所有する人材を求める企業にマッチする人材を紹介し、成果として報酬を受け取る仕組みです。長期間での雇用を前提に、企業と求職者は、直接雇用契約を交わすことになります。

一方で、人材派遣は派遣社員の労働を提供し、労働に対する対価として派遣会社に報酬を支払う仕組みです。派遣スタッフは派遣会社と契約を結んでいるため、求人企業と派遣スタッフは直接雇用契約を交わすことはありません。

人材紹介は主な種類

人材紹介の主な種類は以下の通りです。

  • 一般登録型
  • サーチ型
  • アウトプレースメント型

それぞれ異なる特徴を持つため、依頼の際は自社の用途に適した人材紹介会社を選びましょう。ここでは、人材紹介会社にける種類の特徴について解説します。

一般登録型

人材紹介におけるもっとも一般的な種類としては「一般登録型」が挙げられます。人材紹介会社は優秀な人材を求める求人企業とスキルを持った求職者の双方の間に立ち、マッチさせる役割を持ちます。

人材の入社が決定した場合に、成果報酬として求人企業から報酬が支払われる仕組みです。一般登録型はさらに「総合型」と「専門型」に分かれます。総合型は幅広い人材のいる紹介会社であり、専門型はひとつのスキルに特化した紹介会社に分類されます。

サーチ型

サーチ型ではSNSやほかの人材紹介

会社におけるデータベースも活用するなど、あらゆる人脈・媒体から人材を探し出します。採用難易度が高い傾向にある人材をヘッドハンターが探し出し、就職先を紹介する仕組みです。

転職潜在層にアプローチできるメリットがある一方で、着手金が発生する可能性がある点に注意が必要です。

アウトプレースメント型

アウトプレースメント型とは退職者を出す企業が人材紹介会社へ依頼し、雇用できなくなった人材の再就職を促すサービスであり、再就職支援型とも呼ばれています。

企業に対しては法律やコミュニケーションの観点からトラブルの原因を探るなどの支援を行い、退職者に対しては再就職に向けてのアドバイスやメンタルケア、新しい企業への紹介を行います。

なお、支払いは退職者を出す企業が行うため、退職者を採用する別の企業はコストをかけずに人材を採用できるメリットがあります。

人材紹介会社の特徴

人材紹介会社の特徴として以下が挙げられます。

  • 優秀な人材を確保できる
  • 非公開で採用活動できる

多くの企業では優秀な人材の確保に手間とコストがかかり課題となっていますが、人材紹介会社を利用すれば比較的用意に求める人材を確保できます。ここでは、人材紹介会社の特徴を解説します。

優秀な人材を確保できる

人材会社に依頼すると担当者が付き、自社の募集に沿った人材を紹介してもらえるため、自社に適した優秀な人材を確保できます。優秀な人材を確保できれば生産性の向上や売上拡大につながるため、企業は大きな利益を得られます。

優秀な人材の確保は多くの企業で求められていることですが、自社での人材確保は非常に難しく、手間やコストがかかってしまうため課題とする企業は多くあります。しかし、人材紹介会社を利用することで、人材を見つけられないという課題を解決することが可能です。

非公開で採用活動できる

人材紹介会社には転職サイトや公式サイトに掲載することなく、非公開で採用活動ができる特徴もあります。競合他社に動向を知られたくない場合や、社内に退職者がいることを伏せたい場合に非公開求人は向いており、求める最適な人材の確保も可能です。

非公開求人は求める人材のレベルが高い傾向にあるため、自社で探すのは非常に大変です。しかし、紹介会社に求める人物像を伝えることで、自社とマッチする人材の確保が比較的用意になります。

人材紹介に関するよくある質問

人材紹介に関するよくある質問として以下の内容が挙げられます。

  • 人材紹介会社を利用するメリットは?
  • 人材紹介会社の選び方は?

人材紹介会社を利用するうえで成功を左右するメリットと選び方の把握は大切であり、以下で解説します。

人材紹介会社を利用するメリットは?

人材紹介会社を利用するメリットは以下の通りです。

  • 初期投資が必要ない
  • 人事業務の負担を軽減できる
  • 非公開求人としても役立つ

人材紹介会社への報酬は実際に人材を採用した際の紹介料です。成功報酬型の料金形態であるため、人材を採用しなければ無料で利用できます。

企業が人材確保を行うためは手間やコストがかかりますが、紹介会社を活用することで余計な費用をかけなくて済み、人事担当者にかかる業務の負担を軽減可能です。非公開求人としても利用できるため、求人情報を外部へ公開したくない場合にも役立ちます。

人材紹介会社の選び方は?

人材紹介会社は以下のポイントを抑えて選ぶことをおすすめします。

  • 求める人材の有無で選ぶ
  • 人材の数で選ぶ
  • 求職者への配慮が適切かどうかで選ぶ

求める人材の確保が大切ですが、そもそも紹介会社に人材がいるかの確認も重要です。数が多いほどマッチできそうな人材と出会える可能性が高まるため、人材の多い紹介会社を選択することをおすすめします。

人材を確保したい企業がいちいち自社がどんなサービスを提供しているのか説明するのは面倒です。求職者への説明が丁寧でしっかりとしており、状況に合わせて適切な人材を紹介してくれそうな会社を選ぶことが大切です。

人材紹介のまとめ

人材紹介とは求職者と新しい人材を求める企業とをマッチさせるサービスです。労働人口の減少により人材の確保は難しい傾向にありますが、人材紹介サービスを活用することで比較的に負担なく求める人材を採用可能です。

非公開求人としても人材を募集できるため、競合に動きを悟られることなく事業の取り組みを進められます。ただし、人材紹介会社によっては期待する成果が得られない可能性があるため、企業選定は慎重に行う必要があります。

この記事に関連する弊社サービス

この記事を書いた人

SAL編集部
SAL編集部 SAL henshubu

株式会社SAL

ピボットCEO(しよー)のSAL編集部は、不確実性が高まる時代において、変革を目指す経営者を応援するメディアです。自社経験に基づくノウハウで、中小企業が変化しやすい組織づくりを支援する「remodooo!」を提供するSALが編集する、主に会社経営者向けのコラムサイトで、お役立ち記事を配信しています。