remodooo!在宅チームで最強組織を

正社員で組織を成長させることにリスクをお感じの経営者様へ
新しい組織構築の支援サービスをご提案

人事・組織作り

IT人材紹介会社のおすすめランキング!エンジニアを目指す人が注意すべきポイント

SAL編集部
SAL編集部
IT人材紹介会社のおすすめランキング!エンジニアを目指す人が注意すべきポイント

IT人材紹介会社とはIT職の経験者と求人企業のマッチチングを行う会社のことです。IT人材が不足する日本では、優秀なIT人材を確保したい企業は数多く存在するでしょう。そこで、役立つサービスが人材紹介です。

人材紹介では豊富な知識やノウハウを持つアドバイザーがヒアリングを行い、徹底的に採用のサポートに取り組みます。

本記事ではIT人材紹介会社を利用するメリットやデメリット、おすすめの会社などを解説します。

この記事をご覧の方にオススメの資料のご案内

優秀な社員が辞めない会社づくりの方法がわかる資料

人手不足に悩む中小企業が「在宅チーム」を活用することで
優秀な社員を確保し、利益率の高い組織をつくる方法のヒントが得られます。

IT人材紹介会社のおすすめランキング5選

高層階のビジネスオフィス

IT人材紹介会社のおすすめランキングは次の通りです。

  • 1位:レバテックキャリア
  • 2位:マイナビエージェント
  • 3位:Green
  • 4位:Geekly
  • 5位:パソナテック

ここでは、人材紹介会社の特徴と人気である理由をそれぞれ解説します。

1位:レバテックキャリア

レバテックキャリアは専門知識の深いコンサルタントが求職者と企業のマッチングを行う人材紹介会社です。そのため、自社で進行するプロジェクトに適した人材や目的に沿った新木をしてくれる人材を確保できます。

コンサルタントと認識のすり合わせを行うことで、ミスマッチを未然に防げます。スキルを保有する人材が多数在籍しているため、IT職経験者を探している企業におすすめのサービスです。

会社名レバテック株式会社
住所東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア 24F・25F
代表者岩槻 知秀
出典:レバテック株式会社

2位:マイナビエージェント

マイナビエージェントはITに関する専門分野に特化した人材紹介サービスであり、若者を中心とした人材が在籍しています。マイナビエージェントには、キャリアアドバイザーの豊富なノウハウによるサポートや競合他社にないマッチング力を持つなどの強みがあります。

成果報酬型であるため、初期費用はかからず、採用者が決定した際に支払う仕組みです。採用者が入社から3ヶ月以内に退職してしまった場合であれば、紹介料の一部を返金するといった良質な料金形態となっています。

会社名株式会社マイナビ
住所東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号
代表者土屋 芳明
出典:株式会社マイナビ

3位:Green

GreenはIT業界に特化したIT人材紹介会社であり、20〜30代を中心にIT経験者である人材が在籍しています。数多くの求職者がいるため、新しいIT人材の採用を考えている企業におすすめのサービスです。

また、求人掲載や求職者へのアプローチに制限がないため、採用コストをかけずに人材を探せることが特徴的です。料金形態は成功報酬型であり、採用者が決まった場合に紹介手数料を支払います。

会社名株式会社アトラエ
住所東京都港区麻布十番1丁目10番10号 ジュールA 8F
代表者新居 佳英
出典:株式会社アトラエ

4位:Geekly

GeeklyはITやWeb、ゲーム業界に特化した人材紹介会社です。豊富な知見やノウハウから求職者のレベルを把握し、企業の特徴に適した人材の紹介を行います。

ミスマッチが少なく採用率は高い水準を誇っており、数多くの支援実績を持ちます。領域に特化した人材紹介会社であるため、ITを専門職とする求職者が多数集まり、求める人材を確保しやすくなっています。

会社名株式会社GEEKLY(ギークリー)
住所東京都渋谷区渋谷1-11-8 渋谷パークプラザ 4F
代表者奥山貴広
出典:株式会社GEEKLY(ギークリー)

5位:パソナテック

パソナテックはITエンジニアに特化した人材紹介会社であり、数多くのデータベースから企業の特性にマッチしそうな人材の紹介を行います。スキルを持つ求職者が豊富に在籍するため、幅広い人材の中から自社に適する人材を採用可能です。

徹底したカウンセリングによりミスマッチの可能性も低く、ニースに合わせたマッチングを行っています。新規でIT人材の採用を考えている企業におすすめする人材紹介会社です。

会社名株式会社パソナ
住所東京都港区南青山3-1-30
代表者南部 靖之
出典:株式会社パソナ

優良なIT人材紹介会社の判断基準は?

GoodとBadの白い紙

優良なIT人材紹介会社の判断基準は以下の通りです。

  • 希望通りの人材を紹介してもらえるかどうか
  • 紹介料金がどのくらい発生するか
  • 選考に集中できる環境が整っているかどうか

優秀な人材を確保するうえで重要な要素が人材紹介会社選びです。ここでは、人材紹介会社を選ぶ際に注目するべきポイントを解説します。

希望通りの人材を紹介してもらえるかどうか

優良なIT人材紹介会社を見つけるためには、希望通りの人材を紹介してもらえるかどうかが重要なポイントです。求職者と企業のミスマッチが起こると、早期退職により費用が無駄になったり、再度新しい人材を探したりすることが必要になってしまいます。

そのため、求める人材が在籍しているかの確認や登録者数の確認、ヒアリングを徹底してくれるIT人材紹介会社を選ぶことが大切です。利用する会社を決める前に自社で目標や求める人材の人物像を明確にする必要があります。

紹介料金に問題ないかどうか

紹介料金がどのくらい発生するかも、優良なIT人材紹介会社を選ぶ上で大切な項目です。IT人材紹介会社の多くは成果報酬型を取り入れており、実際に採用者が決定した際に報酬を支払う形となっています。

初期投資は無料であるため、人材を探す分にはコストがかかりません。手数料の相場は、採用する人材の年収の30~35%であるため、それ以上高ければ料金形態に問題があるため注意が必要です。

選考に集中できる環境が整っているかどうか

人材紹介会社を利用するにあたって、1番のメリットは選考に集中できる環境が整っているかどうかです。IT人材紹介会社を利用すれば、あらゆる採用工程を省けるからため、時間をかけることなく選考だけに集中できます。しかし、採用までに工数がかかってしまうと、業務に支障がでてしまうため注意が必要です。

「人手不足を解決する新しい組織構築情報をご提供」資料ダウンロード(無料)「人手不足を解決する新しい組織構築情報をご提供」資料ダウンロード(無料)

IT人材紹介会社を利用するメリット・デメリット

丸バツ三角の記号

IT人材紹介会社を利用するメリットとデメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
初期費用がかからない採用工数を削減できる
客観的な視点で企業をアピールできる
採用コストが大きくなるケースがある
採用ノウハウが蓄積されない

人材紹介サービスは成果報酬型である場合が多いため、初期費用を必要とせず、採用者が決定した場合に報酬を支払う仕組みです。しかし、採用者が決定した場合、採用者における初年度の年収の一部分の金額を報酬として支払う必要があり、年収が高いほど紹介手数料も高くなる点に注意が必要です。

また、人材紹介会社に依頼すると、新しい人材の確保に採用工数がかからないため、コア業務へ集中できます。

企業のアピールは人材紹介会社から求職者に伝えられるためため、客観的な視点で自社の魅力を伝えられるメリットもあります。人材紹介会社からの紹介であれば、信頼性の獲得にも期待でき、多くの応募者を集めることができます。

ただし、採用業務をすべて人材紹介会社へ委託してしまうと、自社に採用ノウハウが蓄積せず、新規で人材を獲得するのに毎回コストがかかってしまう点に注意しましょう。

IT人材紹介会社を利用して事業を成功させるポイント

パソコンを操作するビジネスパーソン

IT人材紹介会社を利用してエンジニア採用を成功させるポイントは以下の通りです。

  • ペルソナと条件を明確にする
  • 現場社員の意見も参考にする
  • 外国人採用も検討する

どれも事業拡大や人材の採用に大切な要素であるため、深く理解して活用する必要があります。ここでは、エンジニア採用を成功させるポイントを解説します。

求める条件を明確にする

IT人材紹介会社を利用してエンジニア採用を成功させるためには、求める条件を明確にすることがポイントです。エンジニアのスキルは専門的であるため、業界や扱う言語などによって、対応できる仕事内容の幅は大きく変化します。

そのため、採用前にどのようなスキルを持つ人材であるのかの確認が大切です。求める条件が明確になれば、適切な条件を判断しやすくなります。それによって、アプローチする手法や媒体も変わってくるため、求める人物像や条件の明確化は非常に重要です。

現場社員の意見も参考にする

現場社員の意見も参考にして、人材紹介会社を活用することが、求める人材を獲得するうえで重要なポイントです。採用決定者と実際に一緒に働くのは現場の社員であり、現場にしかわからないことも多々あります。

採用時に従業員の意見を参考にするとミスマッチが起きづらくなるため、現場社員の意見は取り入れるようにしましょう。優秀な人材を確保できれば企業の生産性向上にもつながります。

外国人採用も検討する

IT人材紹介会社を利用して優秀なエンジニアを獲得するためには、外国人採用を検討することもおすすめします。

しかし、多くの方が国籍や言語の異なる人材を企業で雇用すると、どのようなメリットがあるのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

外国人を採用する際のメリットとデメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
高度なスキルを持つ人材を確保できる
従業員の業務に対する姿勢を活性化できる
雇用までに手間や時間がかかる
従業員からの理解が必要である

海外には数多くの優秀なエンジニアがいるため、日本国内の人材のみの採用を考えるのではなく、国外へ目を向けることをおすすめします。さらに、文化や価値観の異なる外国人を採用すると、従業員とお互いに刺激し合い、より生産性の高い組織に成長することが期待できます。

しかし、外国人の採用にはVISAの発行や必要書類の準備など、時間と手間がかかるため注意が必要です。言語の違う者どうしではコミュニケーションに手間がかかってしまい、離職につながる可能性があるため、従業員からの理解を得ることも大切です。

「人手不足や組織構築の悩みでまずは話を聞いてみたい方へ」お問い合わせはこちら「人手不足や組織構築の悩みでまずは話を聞いてみたい方へ」お問い合わせはこちら

IT人材紹介会社次第で大きく成長できる

ひまわりの花

IT人材会社とはIT関連の専門的なスキルを持つエンジニアを対象に、求人企業とマッチさせるサービス会社のことを指します。IT人材が不足している日本において、優秀なエンジニアの獲得は多くの企業で課題となっています。求めるIT人材の獲得に役立つサービスが人材紹介です。

人材紹介サービスの活用には採用工数の削減や初期費用が必要ないなどのメリットがある一方で、採用コストの負担が大きい場合がある、採用ノウハウが蓄積されないといったデメリットもあるため注意が必要です。

数ある中から自社に適した人材紹介会社を選ぶ際は、求める条件の明確化や従業員からの意見を取り入れるなどのポイントを意識して、新しい人材の採用への取り組みを進めましょう。

無料相談・お問い合わせも受け付けております

この記事を書いた人

SAL編集部
SAL編集部 SAL henshubu

株式会社SAL

ピボットCEO(しよー)のSAL編集部は、不確実性が高まる時代において、変革を目指す経営者を応援するメディアです。自社経験に基づくノウハウで、中小企業が変化しやすい組織づくりを支援する「remodooo!」を提供するSALが編集する、主に会社経営者向けのコラムサイトで、お役立ち記事を配信しています。