ピボットCEO(しよー)は中小企業経営者を、悩みから自由にするメディアです

中小企業経営者の悩みランキング

中小企業経営者の悩みランキング

中小企業を経営するにあたって、さまざまな悩みにつまずく経営者は多いでしょう。

経営者は会社の経営に対して、何事も自分で決断しなければなりません。

多くの問題に自分で向き合い、誰も答えは教えてくれません。

また、その悩みに対して誰に相談するべきかわからない方もいるかと思います。

本記事では、中小企業経営者の悩みランキングの紹介や悩みの相談先、相談する際のポイントについて説明します。

この記事に関するサービスご紹介

「固定費」をかけない新しい経営体制って?

「在宅チーム構築支援」のホワイトペーパー

中小企業経営者の悩みランキングTOP7

中小企業の経営者が抱えるよくある悩みは以下の通りです。

  • 孤独感を感じる
  • 優秀な人材の確保ができない
  • 人手不足
  • 売上が伸びない
  • 社員とのコミュニケーションに不安を感じる
  • 新規開拓ができない
  • 相談相手がいない

孤独感を感じる

経営者は常に決断を迫られており、決断の難易度が高くなるほど相談することが難しくなります。

企業を経営するということは、金銭的なことや今後の事業についてなどさまざまな問題に向き合っていかなくてはなりません。

また、経営者になり友人と久々に会うと考え方の違いや価値観のずれを感じてしまうことがあります。

これは経営者とそうでない人の間では仕方がないことでしょう。

しかし、社会の中では完璧であることが必ずしも正解であるとは限りません。

肩の力を抜いて、多様な考え方を受け入れる姿勢が大切です。

優秀な人材の確保ができない

近年、人材不足の深刻化が問題視されています。

これにより企業の人材獲得競争が激しくなっています。

たとえば、求人広告を出しても人が集まらない、優秀な人材の確保ができないことがあります。

また、人材確保以外にも求人費用が掛かるといった問題もあります。

この問題の解決策としては「雇う」のではなく、「アウトソーシング」の利用を考えてみましょう。

アウトソーシングのメリットは、契約の範囲内で自社が望む優秀な人材の確保ができるため、おすすめです。

人手不足

少子高齢化が進み生産年齢人口が減少している現代、企業は人手不足問題に陥っています。

企業における人手不足問題は、その分一人ひとりの仕事量が増えるため、必然的に残業も増えてしまうでしょう。

まずは残業を減らすことを目指さないといけませんが、人手が足りずどうしても残業が必要になる場合があります。

残業を減らせば残業代というコストも減らせますが、それに伴い売上も減少してしまう可能性があるため、経営者が悩みを抱えやすいです。

売上が伸びない

売上がなかなか伸びず、売上が年々減少していることに対してこのまま倒産してしまうのではないかと悩む経営者が多いのではないでしょうか。

売上を伸ばす方法として、まずは問題点、課題点を特定しましょう。

マーケティングのやり方が悪いのか?営業方法を考えるべきか?といった問題・課題に着目する必要があります。

そして、企業を経営するにあたって、「売上を伸ばしたい」よりも「利益を増やすこと」に重きを置くようにしましょう。

社員とのコミュニケーションに不安を感じる

企業を経営する際に重要となるのが、社員とのコミュニケーションの取り方です。

社員との組織力が強化されると業績が上がるため、コミュニケーションは重要な要素を持っています。

「社員のモチベーションが向上しない」「ミスやトラブルが絶えない」などいった状況は、コミュニケーション不足が原因の可能性があります。

こういった悩みを抱え、社員とのコミュニケーションに不安を感じている経営者は少なくないでしょう。

新規開拓ができない

企業の売上を上げるためには、新規開拓は大きな役割を果たします。

しかし、新規開拓の必要性や方法がわからないといった悩みを持っている経営者もいるでしょう。

新規開拓は売上の安定化、キャッシュフローの安定化、競争率の強化が期待されます。

また、新規開拓の方法としてアウトバウンド型やインバウンド型があるので、開拓する場合はしっかり調べて自社に合った方法で実践してみましょう。

相談相手がいない

経営者は、気軽に悩みを相談できる相手がいないことが悩みの種でもあります。

悩みを相談するという行為は、自分の弱みを相手に晒すのと同じです。

立場的にも「人に頼ってはいけない」と考えてしまう経営者は少なくないでしょう。

そのため、悩みや困ったことがあってもすべて自分で解決しようとしてしまいます。

また、経営者ならではの悩みを一般的な従業員や友達に話しても「どうせ相手はわかってくれない」と考えていることから、相談できる相手が自然にいなくなります。

経営者の苦悩や悩みはどこに相談する?

経営者の悩みは1人で抱えこまずに以下の3つに相談しましょう。

  • 経営者に相談する
  • 専門家に相談する
  • 外注先に相談する

経営者が悩みを抱えたままでは、組織全体に対しても悪影響を与えてしまいます。

また、悩んでいる経営者の姿を目の当たりにする社員たちは、事業活動や組織の様子に不安や心配を抱え組織全体のパフォーマンスが大きく低下するのです。

悩みや課題を相談して共感してもらうことで、解消できる可能性があります。

それぞれ詳しく説明します。

経営者に相談する

中小企業の経営者の悩みは、経営者に相談することをおすすめします。

経営者を経験している方は会社の規模の大小に関係なく、さまざまな成功や失敗を繰り返しています。

誰にでも悩みはあるので、どのような悩みをどうやって解決したのか、なぜ失敗したのかなどの悩みを聞いてみましょう。

専門家に相談する

ひとくちに経営相談といっても状況や悩みはさまざまなので、自社の課題に合った専門家に相談しましょう。

悩みが明確な場合は、専門家に相談することで的確な回答やアドバイスが得られます。

中小企業経営者のよくある悩みと、それに対する士業は以下の通りです。

  • 飲食店などの許可申請を依頼したい → 「行政書士」
  • パワハラを受けたなどの訴訟を解決したい → 「弁護士」
  • 税金について相談したい → 「税理士」
  • 労働環境を改善したい → 「社会保険労務士」

ご自身の悩みに合わせて専門家を選んでくださいね。

外注先に相談する

経営者が抱える悩みを解決する方法として、外注先に相談してみることをおすすめします。

株式会社SALのサービスでは、中小企業の経営者の方に向けてさまざまなサポートを行っています。

企業を経営するにあたって、以下のような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

  • いい人材の採用が難しくなっている
  • 苦労して採用した正社員が活躍してくれるか不安
  • 自分(経営者)以外に任せられる人がいない
  • 売上が低いと固定費で赤字になってしまう
  • 繁忙期は人材不足で、仕事を受けたくても受けられない

上記のような悩みを抱えている方は、株式会社SALのサービスの利用をおすすめします。

株式会社SALの在宅チームを組織に取り入れることで、固定費をかけずに正社員の生産性を高めながら売上を上げる未来が見据えます。

正社員を雇用すればその分固定費がかかってしまいますが、在宅チームは変動費となるので、費用を抑えられます。

在宅ワーカーを導入すれば正社員は収益を生む業務に集中できるでしょう。

生産性のアップ、コストダウン、雇用リスク軽減などメリットが多くあり、経営者の抱える不安を取り除くことができて、安心して会社経営を行えます。

悩みを解決したい場合は、株式会社SALを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

経営の悩みを相談する際のポイント

経営の悩みを相談する際の2つのポイントは以下の通りです。

  • 実績豊富である
  • サポート体制が整っている

相談先を選ぶときは、上記の2つを踏まえて選びましょう。

それぞれ詳しく説明します。

実績豊富である

経営の悩みを相談する際は、経験豊富なところを選びましょう。

悩みを相談したからといって、課題をスピーディーに解決出来るとは限りません。

効果が出るまでに、数ヶ月かかる場合もあります。

その中でも数々の相談実績があり、さまざまな事例をみてきた相談相手の方が、自身の相談内容に違い事例を経験しているので、時短での解決が見込めます。

サポート体制が整っている

経営の悩みを相談する際は、サポート体制が整っているところを選びましょう。

そして、相談相手が悩みや課題をすべて解決してくれるわけではないことを、理解しておきましょう。

経営についての悩みは数々の事例が絡み合っていることが多く、それに対応するためにチームで解決に向けて取り組む必要があります。

得意分野が異なる相談員や専門家などと連携できているのかが重要です。

経営者の悩みランキングのまとめ

中小企業の経営者の中には、相談相手がいないと悩みを抱えている方が多くいます。

さまざまな相談サービスや窓口が存在しているので、悩みを抱えこまずに相談してみることが大切です。

また、経営に関する悩みがある場合は、株式会社SALを活用すれば解決する場合があります。

もし起業を検討するのであれば、「経営者の悩み」を踏まえたうえで、対策をとりながら行動に移すことをおすすめします。

この記事に関連する弊社サービス

この記事を書いた人

SAL編集部
SAL編集部 SAL henshubu

株式会社SAL

ピボットCEO(しよー)のSAL編集部は、不確実性が高まる時代において、変革を目指す経営者を応援するメディアです。自社経験に基づくノウハウで、中小企業が変化しやすい組織づくりを支援する「remodooo!」を提供するSALが編集する、主に会社経営者向けのコラムサイトで、お役立ち記事を配信しています。