ピボットCEO(しよー)は中小企業経営者を、悩みから自由にするメディアです

ベンチャー企業が抱える課題とは?問題点を洗い出して事業を成功させよう

ベンチャー企業が抱える課題とは?問題点を洗い出して事業を成功させよう

ベンチャー企業は少数精鋭で事業に取り組んでおり、1人ひとりが生産性の高い取り組みを求められています。

事業拡大に向けた取り組みが進められる中、勢いのあるベンチャー企業は多い傾向にありますが、どのような課題を抱えているのでしょうか。

ベンチャーにおける課題は事業拡大に必要な要素であるため、解決しなければ今以上よりスケールを大きくすることは難しいかもしれません。そこで、本記事ではベンチャー企業が抱えている課題や解決方法を解説します。

この記事に関するサービスご紹介

「固定費」をかけない新しい経営体制って?

「在宅チーム構築支援」のホワイトペーパー

ベンチャー企業が抱えている課題

ベンチャー企業が抱えている課題は以下の通りです。

  • 人手不足
  • スキル不足
  • 資金不足
  • マネジメント不足

どれも事業に欠かせない要素であるため、早急な解決が求められます。ここでは、ベンチャー企業が抱えている課題について解説します。

人手不足

ベンチャー企業は知名度が低いうえ経営面に不安定要素を感じる人が多く、人が集まりにくい傾向があります。

人材を確保できないとベンチャー企業は人手不足に陥ってしまい、ひとり当たりにかかる業務の負担は大きくなるため、社員のキャパオーバーにつながってしまいます。

解決策としては求職者に対しての丁寧な説明が挙げられます。求職者に経営面での取り組み方、社内での様子などを知ってもらうことで、ベンチャー企業に感じている先入観をなくすことが大切です。

スキル不足

企業の成長には事業に関するスキルや実績だけでは力が及ばず、経営のスキルやノウハウが必要です。

創業が浅いベンチャー企業の場合は、経営者の経営スキルが不足している傾向が高いため、スキル不足に陥るケースが多々あります。

ひとつのスキルだけではどうすることもできない場合があるため、経営スキルだけではなくマーケティングや営業、財務など幅広いスキルが必要です。しかし、スキルの獲得に時間をかけることができないケースも考えられるため、スキル習得に取り組む時間の確保も重要です。

資金不足

ベンチャー企業は金融機関からの評価が低い傾向にあるため、融資を受けづらく、資金不足である企業は多々存在します。

資金不足は会社に勢いがつくまではその状態が続いてしまうため、事業拡大までに時間がかかってしまうケースが多いです。

しかし、事業拡大のスピードを上げるためには資金不足の課題解決が求められているのです。

マネジメント不足

ベンチャー企業では稼働時間内に業務をこなすことで精一杯のため、社員研修やスキルアップ講習などがなく、自社で人員を育てることが難しい状況にあります。

従業員の育成が遅れれば、企業の成長速度も遅くなる可能性があるため注意が必要です。

ベンチャー企業では、新入社員を育成することができない場合もあるため、周りの誰かに頼るのではなく、従業員自らが主体的に学ぶ姿勢が求められます。

ベンチャー企業の課題を解決する方法

ベンチャー企業における課題の解決策として、以下の方法が挙げられます。

  • 採用戦略を練る
  • アウトソーシングを検討する
  • 国の支援制度を利用する

解決策を把握しておくことで実際に課題へと直面した際、冷静に対処できます。ここでは、ベンチャー企業の課題を解決する補法について解説します。

採用戦略を練る

ベンチャー企業における人材不足を解決するためには、自社で必要とする人物像を明確化して採用者を選定する必要があります。人材を選定する前に経理や人事、コア業務など、担当してほしい部分をはっきりさせておくと、求める人物像がより明確になります。

また、採用に力を入れるだけでなく、なるべく長い期間会社に在籍してもらえるようロイヤリティの度合いも確認することが大切です。自社の経営理念や将来性などに共感している人の採用など、会社に定着してもらうためには企業とのマッチ度を見るのが効果的です。

アウトソーシングを検討する

アウトソーシングとは外部へ業務を委託できるサービスのことです。自社で取り組む優先度の低いノンコア業務を外部の業者へと委託することで、業務の効率化を実現できます。

アウトソーシングは、人材不足や生産性に課題を抱えているベンチャー企業に最適なサービスです。

従業員における業務の負担を軽減するだけでなく、専門性の高い外部企業への委託で、スキル不足を補うことができます。新規で人材を雇用するよりもコストをおさえられるケースもあるため、積極的に活用して課題を解決しましょう。

国の支援制度を利用する

国の支援制度を利用する方法もあり、具体的には以下の通りです。

  • 起業家人材育成事業
  • ベンチャー投資促進税制
  • 起業家支援資金

さまざまな支援制度を活用して事業の発展を目指しましょう。ここでは、国の支援制度について解説します。

起業家人材育成事業

起業家人材育成事業とは、起業家を目指す学生や社会人に対して学習環境を整えるサービスです。起業推奨プログラムやフォーラムの開催など、さまざまな内容の事業を進めることで、起業家として活躍する人材育成に役立ちます。

ベンチャー投資促進税制

ベンチャー投資促進税制とは、ある企業がベンチャー企業への投資を促進する税制度を意味します。企業がベンチャー企業へ出資した際、金額の8割程度を損金へ算入する制度です。ベンチャー投資促進税制により、多くの企業がベンチャー企業への出資をしやすくなりました、

起業家支援資金

起業家支援資金とは、日本政策金融金庫が女性や若者、シニアの起業家を対象に支援金を融資する制度です、資金不足の解消ができるため、事業の施策に活用できます。ただし、融資をうけるためには「女性、または35未満・55以上の新しく事業を始める方・事業開始から7年以内の方」といった条件があるため注意が必要です。

ベンチャー企業の課題でよくある質問

ベンチャー企業の課題でよくある質問として以下の内容が挙げられます。

  • 資金調達方法は?
  • 人手不足対策は?

ここでは、資金調達方法と人手不足の対策方法について解説します。

資金調達方法は?

資金調達方法としては以下の具体例が挙げられます。

  • 融資を受ける
  • 出資を受ける
  • クラウドファンディング
  • 補助金・助成金

それぞれの特徴やメリット、デメリットは以下の通りです。

資金調達方法内容メリットデメリット
融資を受ける返済を前提に、金融機関から資金を借りる。事業の立ち上げが間もない場合でも利用できる。無担保・無保証で借りられるケースもある。金利の負担がかかる。融資を受けられる機関には限りがある。
出資を受ける株式を発行して、投資家に購入してもらう。返済の義務がない。投資家から経営のアドバイスを受け取れる。株式の保有率が高いと、経営権を握られる可能性がある。
クラウドファンディング金銭以外のものを対価として、複数の個人投資家から資金を集める。ほかの資金調達方法と比較して資金を集めやすい。培養によっては多額の資金を集められる。必要な資金が集まらない可能性がある。資金の用途が特定されているため、自由に使用できない。
補助金・助成金国や自治体から資金を受け取れる返済の必要がない。事業の立ち上げ初期でも利用できる使用期間が定められている。必ず受け取れるとは限らない。

資金調達方法は複数通りあるため、自社に適したものを選択すること、組み合わせることをおすすめします。ただし、業績悪化を防ぐために、なるべく負担が少なく、自社の取り組みに影響を及ぼさない手法を選択する必要があります。

人手不足対策は?

人手不足対策として以下の内容が挙げられます。

  • 職場環境を改善する
  • 待遇を改善する
  • 人材を多様化する
  • 人材のミスマッチを防ぐ
  • 業務効率化を図る
  • テクノロジーを活用する

人手不足に陥る原因のひとつに人材の流出が考えられます。新しい人材を採用しても、既存の従業員が退職してしまっては人材不足の課題を解決できません。そのため、職場環境を改善した働きやすい環境づくりや従業員への適切な待遇は非常に大切なことです。

また、人材の採用基準を狭めるのではなく、多様化することが人手不足の解決には求められます。女性や年齢、国籍にこだわることなく、自社の特徴とマッチする求職者を採用すると良いでしょう。

ただし、人材と業務のミスマッチは生産性の低下につながってしまうため注意が必要です。1人ひとりのスキルを把握して、人材配置を最適化しましょう。業務の効率化も人手不足の解決策であり、最新のテクノロジーやシステムを活用して、1人あたりの生産性を高める必要があります。

企業の人手不足の解消策8選を紹介|原因や事例も分かりやすく解説

ベンチャー企業の現状を把握し問題点を改善しよう

ベンチャー企業には人材不足やスキル不足、資金不足など、さまざまな面で課題があります。

事業を拡大するためには、数ある課題の解決が求められますが、実際にクリアにするのは難しいことです。

そこで、採用戦略の見直しやアウトソーシングの活用といった手法を駆使すると、ベンチャー企業における課題を解決できます。また、国の支援制度を利用すると課題の解決につながるため、積極的に活用して事業の拡大を目指しましょう。

この記事に関連する弊社サービス

この記事を書いた人

SAL編集部
SAL編集部 SAL henshubu

株式会社SAL

ピボットCEO(しよー)のSAL編集部は、不確実性が高まる時代において、変革を目指す経営者を応援するメディアです。自社経験に基づくノウハウで、中小企業が変化しやすい組織づくりを支援する「remodooo!」を提供するSALが編集する、主に会社経営者向けのコラムサイトで、お役立ち記事を配信しています。